本文の開始

児童相談システム - 株式会社MARS

避難行動要支援者名簿システム、児童相談システム、固定資産税管理システム
GISソフトウェア開発・ホームページ制作の株式会社MARS

  • メールでお問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ(TEL:0554-21-2511)

GIS(地理情報システム)・ソフトウェア開発・ホームページ制作

トップページ > 製品情報・サービス一覧 > 防災福祉分野 > 児童相談システム

児童相談システムchild consultation system

システム概要

市町村が実施する児童相談や家庭相談をサポートするソフトウェアです。相談・通告受付から終結まで一括管理することが可能です。住民基本台帳との連携により、対象児童の引用登録はもちろん、異動情報を迅速に把握することができます。
2019年に新システムとして販売を開始しました。

児童相談システム

システムの利用イメージ

相談種別ごとの入り口

児童相談、虐待相談、関係機関からの情報照会依頼の3つの入り口を用意し、対象の入口より登録をおこなえます。

相談種別ごとの入り口

様式の作成

ケース進行管理表、ケース移管書、送致書等の運用に必要な様式も容易に作成することが可能です。

様式の作成

厚労省に提出する福祉行政報告例の作成

登録されているデータを集計し、福祉行政報告例を作成します。システムで一括作成できるので、職員様の負担を軽減できます。

厚労省に提出する福祉行政報告例の作成

導入メリット

  • 住基連携により、児童や家族情報のデータ入力を簡素化します。
  • 児童相談に係る関係者にて、相談ケースの共有が図れます。
  • 厚労省に提出の福祉行政報告例が簡易に作成することができます。
  • 令和3年度から運用が開始される厚労省の情報共有システムとの連携が容易に図れます。


ページの終了