本文の開始

固定資産税支援システム - 株式会社MARS

避難行動要支援者名簿システム、固定資産税管理システム、農地利用状況調査システム、
GISソフトウェア開発・ホームページ制作の株式会社MARS

  • メールでお問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ(TEL:0554-21-2511)

GIS(地理情報システム)・ソフトウェア開発・ホームページ制作

トップページ > 製品情報・サービス一覧 > 固定資産税 > 固定資産税支援システム

固定資産税支援システムtax system

システム概要

固定資産税支援システムは、固定資産税における的確な課税客体の把握と適正・均衡な評価を支援するGISソフトウェアです。市町村が整備する地番現況図・家屋現況図と土地・家屋課税台帳を紐づけ、属性照会、地目図の作成、現地調査図面の作成、間口・奥行・不整形地などの画地計測がおこなえるGISパッケージソフトウェアです。

固定資産税支援システム

システムの利用イメージ

複数年度の地番図等のデータを一元管理

複数年度の地番現況図・家屋現況図等をGIS上で管理できますので過去の問合せにも迅速に対応がおこなえます。

複数年度の地番図等のデータを一元管理

他団体で生じた課税誤りの事例をもとにチェック機能を強化

新たに路線価を付設したケースや建物の滅失時に住宅用地の特例を外すケースなど、課税誤りになりやすいケースのチェックがおこなえます。

他団体で生じた課税誤りの事例をもとにチェック機能を強化

基幹ベンダと連携し、GISで計測した画地データを基幹系システムへ引き渡し、入力作業の軽減化を図れます。

入力作業の軽減化

導入メリット

  • 住民からの問合せに対して迅速な窓口業務がおこなえます。
  • 人的ミスによる課税誤りを防止し、適正・均衡な評価業務をおこなえます。
  • 職員様の入力作業等の軽減化に寄与します。


ページの終了